管理組合役員の皆様へ

マンションの「給水管」と「排水管」は人間の身体で言えば血管です。給水管は動脈で、排水管は静脈です。
このライフラインが機能しなくなるという事は通常の生活ができなくなるということです。
マンションの改修といえば外壁工事や防水工事に目が行きますが目に見えない給排水管こそ早目の予防保全が重要です。
配管劣化による水が使えない状況は即座に日常生活に影響します。

給排水はマンション保険に入っているから大丈夫と勘違いしている管理組合が多いのが現状です。

漏水事故が多発すると保険での対応ができなくなるケースも増えていますので、給排水改修に詳しいコンサルタントが必要不可欠です。

皆様のマンションの給排水管がこんなことになっているかもしれません。

ソベント継手の劣化

パイプシャフト内

排水管からの漏水

屋上給水管

給水管ライニング

工事の劣化

共用部給水管

からの漏水

排水立て管

からの漏水

給排水管改修工事には、ストレスがたまる問題が3つあります。

1431228657_check-box-outline-128-e1431211119389  住民の合意形成が難しい

1431228657_check-box-outline-128-e1431211119389  設備改修工事の経験豊富なコンサルタントが非常に少ない

1431228657_check-box-outline-128-e1431211119389  共用部と専有部の取扱いとルール決め

給排水管改修に詳しい「設計コンサルタント」をパートナーにすれば安心です。
管理組合役員の最初の仕事は「頼りになるコンサルタント」捜しから始まります。

「給排水管改修コンサルタント」は1級建築士事務所に委託するのが普通と思っていませんか?

しかし、1級建築士事務所は「新築の建物」や「大規模修繕工事」を専門とするところが大部分で、「マンションの給排水管改修工事」に詳しい設計事務所は少数です。

給排水管改修工事に詳しい改修コンサルタントは規模の小さいところが多く、税理士や弁護士 と同じように大々的な広告はしていません。ほとんどが口コミで知られる程度で、マンショ ン管理組合にとって圧倒的に情報が不足しています。

一般社団法人全国建物調査診断センターは毎月3万ケ所のマンション管理組合に 配布している唯一の情報誌「大規模修繕工事新聞」と全面的に提携し、読者サービスの一環として第三者としての立場から中立かつ客観的に厳しく審査するとともに、業績と口コミも参考に して、給排水管改修コンサルタントをセレクトし、無料で紹介しています。

一般社団法人全国建物調査診断センター「マンション給排水管改修コンサルタント紹介サービス」は中立な立場で優秀な給排水管改修を得意とするコンサルタントを紹介する機関です。

給排水管改修は専有部分と共用部分に繋がっており、しかも専門的知識が必要なので管理組合員で理解度にばらつきがでます。給排水管改修コンサルタントと役割分担してこれを解決します。

マンション名 (必須)

住所・担当者名 (必須)

メールアドレス (必須)

FAX番号 (必須)

管理会社名

過去に実施した給排水菅改修工事の回数
0回1回2回3回それ以上

次回大規模修繕工事の想定時期(年・月)

すでに問い合わせなどをされた工事会社・設計会社

ご希望など

お申し込み方法

このサービスは「マンション大規模修繕工事に於ける給排水管改修の普及を目的に設立された一般社団法人」ですので、会費や紹介料の費用は不要です。

左記の事項を教えていただければ、後日、改修コンサルタントの紹介連絡をいたします。電話、FAX、郵送でも結構です。

お申し込み/お問い合わせは

一般社団法人 全国建物調査診断センター「給排水管改修コンサルタント紹介サービス」
〒160 -0023 新宿区西新宿8-12 -1 サンパレス新宿 603
TEL. 03 -6304-0278   
FAX. 03 -6304-0279
E-MAIL info@zenken-center.com